放送作家の彼「タレントに手出した」という理由で丸刈りに

公開日: 更新日:

新田恵利編<9>

 20歳になったのを機に、母と兄と住んでいた下落合から目黒に引っ越し、念願の一人暮らしをはじめた。

 おニャン子クラブから卒業し、おニャン子も「夕やけニャンニャン」も終わり、いちタレントとして、独り立ちした。元アイドルという仕事はなく、女優との選択肢を考えてはみたけど、どうしても、しっくりこない。女優というと、必然的に脱がなければならないとの先入観があり、その壁を乗り越えられなかったのだ。

 音楽番組、バラエティー番組の出演では、テレビ局の控室に「新田恵利様」と名前が入り個室になった。芸能界にアルバイトで入り、そのまま就職したことを少しずつ実感していた。

 仕事で地方へ行くことも多く、帰りは夜になる。新幹線の車窓からは、外の景色ではなく明るい車内にいる私の顔が映っている。


―――これからどうやって、生きていこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る