放送作家の彼「タレントに手出した」という理由で丸刈りに

公開日: 更新日:

新田恵利編<9>

 20歳になったのを機に、母と兄と住んでいた下落合から目黒に引っ越し、念願の一人暮らしをはじめた。

 おニャン子クラブから卒業し、おニャン子も「夕やけニャンニャン」も終わり、いちタレントとして、独り立ちした。元アイドルという仕事はなく、女優との選択肢を考えてはみたけど、どうしても、しっくりこない。女優というと、必然的に脱がなければならないとの先入観があり、その壁を乗り越えられなかったのだ。

 音楽番組、バラエティー番組の出演では、テレビ局の控室に「新田恵利様」と名前が入り個室になった。芸能界にアルバイトで入り、そのまま就職したことを少しずつ実感していた。

 仕事で地方へ行くことも多く、帰りは夜になる。新幹線の車窓からは、外の景色ではなく明るい車内にいる私の顔が映っている。


―――これからどうやって、生きていこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る