放送作家の彼「タレントに手出した」という理由で丸刈りに

公開日: 更新日:

新田恵利編<9>

 20歳になったのを機に、母と兄と住んでいた下落合から目黒に引っ越し、念願の一人暮らしをはじめた。

 おニャン子クラブから卒業し、おニャン子も「夕やけニャンニャン」も終わり、いちタレントとして、独り立ちした。元アイドルという仕事はなく、女優との選択肢を考えてはみたけど、どうしても、しっくりこない。女優というと、必然的に脱がなければならないとの先入観があり、その壁を乗り越えられなかったのだ。

 音楽番組、バラエティー番組の出演では、テレビ局の控室に「新田恵利様」と名前が入り個室になった。芸能界にアルバイトで入り、そのまま就職したことを少しずつ実感していた。

 仕事で地方へ行くことも多く、帰りは夜になる。新幹線の車窓からは、外の景色ではなく明るい車内にいる私の顔が映っている。


―――これからどうやって、生きていこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る