「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

公開日: 更新日:

新田恵利編<7>

 埼玉の県立高校を卒業しブレザーの制服を脱ぐと、芸能事務所に入った。松崎しげるさんを筆頭に大場久美子さん、松本伊代さん、本田美奈子さん、少女隊ら先輩に豪華な顔ぶれが揃ったところで、勧められるがまま入り、契約書を交わした。最初は月給15万円。休日なし。そして、東京都新宿区の下落合に引っ越した。

 心無い一部ファンの追っかけで地域の居場所を失い、家族で肩身の狭い思いをしていたし、父が亡くなったばかりで、思い出が多く残る家に住むのはつらく、母兄と相談し決断したのだ。

 東京に住めば、3時間だった睡眠時間が増えると期待したが、甘かった。分刻みのスケジュール。目の回る忙しさは相変わらず。事務所にはタレントのスケジュール帳があり、私は勝手に「休」と書いた。そして空欄に長い長い線を引いてスケジュールを押さえたようにして、社長の筆致をまねてサインした。これはマネジャーが恐る恐る社長に問い合わせ、すぐにばれた。怒られた。イタズラといえばそうだけど、それで万が一でも休みにならないかなぁと思ったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る