ソロデビュー…愛川欣也さんからの花束に感情の糸が切れた

公開日: 更新日:

新田恵利編<6>

 1985年、おニャン子クラブは毎週のように、メンバーが増えていった。渡辺美奈代ちゃん、渡辺満里奈ちゃん、工藤静香ちゃんらで、芸能界で生きていこうと本気で考えているのが伝わってきた。ごく自然に主力メンバーへとなっていく。

 グループは、河合その子ちゃんの「涙の茉莉花LOVE」をスタートに、ソロでのデビューがはじまる。私はおニャン子の第2弾シングル「およしになってねTEACHER」でもメインボーカルに加えてもらった。歌もダンスも得意ではなかったけれど、とても楽しかった。自然といつも笑顔になった。毎日が学園祭のようだ。

 86年の元日、おニャン子で3番目に私もソロデビュー。「冬のオペラグラス」はオリコン初登場1位になった。「なるほど!ザ・ワールド」のエンディング曲にもなっていたので、「夕やけニャンニャン」の生放送中、愛川欽也さんが大きな花束を抱えてお祝いに来て下さった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る