ソロデビュー…愛川欣也さんからの花束に感情の糸が切れた

公開日: 更新日:

新田恵利編<6>

 1985年、おニャン子クラブは毎週のように、メンバーが増えていった。渡辺美奈代ちゃん、渡辺満里奈ちゃん、工藤静香ちゃんらで、芸能界で生きていこうと本気で考えているのが伝わってきた。ごく自然に主力メンバーへとなっていく。

 グループは、河合その子ちゃんの「涙の茉莉花LOVE」をスタートに、ソロでのデビューがはじまる。私はおニャン子の第2弾シングル「およしになってねTEACHER」でもメインボーカルに加えてもらった。歌もダンスも得意ではなかったけれど、とても楽しかった。自然といつも笑顔になった。毎日が学園祭のようだ。

 86年の元日、おニャン子で3番目に私もソロデビュー。「冬のオペラグラス」はオリコン初登場1位になった。「なるほど!ザ・ワールド」のエンディング曲にもなっていたので、「夕やけニャンニャン」の生放送中、愛川欽也さんが大きな花束を抱えてお祝いに来て下さった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る