素人丸出しの私にとんねるずタカさんはよくしてくれた

公開日: 更新日:

新田恵利編<5>

 おニャン子クラブは、さながら女子高だ。フジテレビの控室に集合すると、わいわい、がやがや、場所もないほどで、私はトイレで着替え、化粧していた。

 食堂でサインを考えるように言われて、皆、見よう見まねで自分の名前を崩した。ノートで練習して、初めて色紙にサインしたうれしさと恥ずかしさは今も忘れない。

 とはいえ、アルバイト気分の女子高生は、なかじ(中島美春)と私くらいだと気づく。(国生)さゆりちゃんを筆頭に芸能界で生きていこうと本気のメンバーがいて、後から入ってくる子のほとんどがそこに続いた。立見(里歌ちゃん)と内海(和子ちゃん)がその中間。やがて、このあたりに見えない線が引かれていく。

 タカさん(とんねるず石橋貴明)は、素人丸出しの私によくしてくれた。東京都板橋区の成増で育ち、上福岡に住んでいた私と同じ東武東上線ということもあり、各停の車両の床はまだ板張りだと笑った。その日もスタジオ入りすると、椅子に座って手招きしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る