素人丸出しの私にとんねるずタカさんはよくしてくれた

公開日: 更新日:

新田恵利編<5>

 おニャン子クラブは、さながら女子高だ。フジテレビの控室に集合すると、わいわい、がやがや、場所もないほどで、私はトイレで着替え、化粧していた。

 食堂でサインを考えるように言われて、皆、見よう見まねで自分の名前を崩した。ノートで練習して、初めて色紙にサインしたうれしさと恥ずかしさは今も忘れない。

 とはいえ、アルバイト気分の女子高生は、なかじ(中島美春)と私くらいだと気づく。(国生)さゆりちゃんを筆頭に芸能界で生きていこうと本気のメンバーがいて、後から入ってくる子のほとんどがそこに続いた。立見(里歌ちゃん)と内海(和子ちゃん)がその中間。やがて、このあたりに見えない線が引かれていく。

 タカさん(とんねるず石橋貴明)は、素人丸出しの私によくしてくれた。東京都板橋区の成増で育ち、上福岡に住んでいた私と同じ東武東上線ということもあり、各停の車両の床はまだ板張りだと笑った。その日もスタジオ入りすると、椅子に座って手招きしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る