二十歳の誕生日…たったひとつの“おめでとう”が欲しかった

公開日: 更新日:

新田恵利編<8>

 おニャン子クラブの卒業は基本、スタッフが決めていた。私は18歳のとき。

「新田、次のコンサートで卒業な」

 まさに天の声だ。高校を卒業し、母と兄と共に上京した年の夏休みのコンサートで全国をまわり、東京の最後の公演を秋にすることになった。「夕やけニャンニャン」から離れることに寂しさは感じなかったけれど、仲の良いメンバーと離れるのはつらい。番組スタートから、家族より多くの時間を共に過ごしたメンバーは、かけがえのない存在になっていた。そして、その番組も終わってしまうと聞いた時はショックだった。初めて寂しさを感じた。もう帰る場所がなくなっちゃったようで、不安が胸を突き上げる。

 アイドルタレントは、運よく売れても、その寿命は短い。応援してくれた人々も飽き、人気は下火になる。今でこそ、バラドルとかママドルとか、元アイドルのゆく選択肢は多いけれども、当時は女優という道くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

もっと見る