二十歳の誕生日…たったひとつの“おめでとう”が欲しかった

公開日: 更新日:

新田恵利編<8>

 おニャン子クラブの卒業は基本、スタッフが決めていた。私は18歳のとき。

「新田、次のコンサートで卒業な」

 まさに天の声だ。高校を卒業し、母と兄と共に上京した年の夏休みのコンサートで全国をまわり、東京の最後の公演を秋にすることになった。「夕やけニャンニャン」から離れることに寂しさは感じなかったけれど、仲の良いメンバーと離れるのはつらい。番組スタートから、家族より多くの時間を共に過ごしたメンバーは、かけがえのない存在になっていた。そして、その番組も終わってしまうと聞いた時はショックだった。初めて寂しさを感じた。もう帰る場所がなくなっちゃったようで、不安が胸を突き上げる。

 アイドルタレントは、運よく売れても、その寿命は短い。応援してくれた人々も飽き、人気は下火になる。今でこそ、バラドルとかママドルとか、元アイドルのゆく選択肢は多いけれども、当時は女優という道くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る