二十歳の誕生日…たったひとつの“おめでとう”が欲しかった

公開日: 更新日:

新田恵利編<8>

 おニャン子クラブの卒業は基本、スタッフが決めていた。私は18歳のとき。

「新田、次のコンサートで卒業な」

 まさに天の声だ。高校を卒業し、母と兄と共に上京した年の夏休みのコンサートで全国をまわり、東京の最後の公演を秋にすることになった。「夕やけニャンニャン」から離れることに寂しさは感じなかったけれど、仲の良いメンバーと離れるのはつらい。番組スタートから、家族より多くの時間を共に過ごしたメンバーは、かけがえのない存在になっていた。そして、その番組も終わってしまうと聞いた時はショックだった。初めて寂しさを感じた。もう帰る場所がなくなっちゃったようで、不安が胸を突き上げる。

 アイドルタレントは、運よく売れても、その寿命は短い。応援してくれた人々も飽き、人気は下火になる。今でこそ、バラドルとかママドルとか、元アイドルのゆく選択肢は多いけれども、当時は女優という道くらいだ。

「女優さんはね~、待つのも仕事」とか、「脱ぐ覚悟がないと駄目」などと、事務所のお局スタッフに常日頃から言われていた。女優にも脱がない道があるとは考えられなかった私はおばかだったのか、幼かったのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…