TOKIOは少年隊と同じ道か 長瀬智也“露出減”で気になる今後

公開日: 更新日:

 昨年暮れに発売された「週刊文春」(2019年1月3日・10日号)は元TOKIOメンバー・山口達也の芸能界復帰計画を報じた。ベースの山口が抜けたTOKIOは音楽活動を休業し、デビュー25周年に向けて計画されていた全国ツアーも中止。しかし、ジャニーズにとってTOKIOは事務所を支えてくれた“功労者”であり、将来的に山口の芸能界復帰も視野に入ってくるのではないかという内容だった。

 ところが、私が掴んでいるTOKIOに関する情報はかなり異なる。TOKIOが音楽活動を再開する兆しはないし、解散こそしないものの、いずれ「少年隊」のように目立った活動がないグループになる可能性すらあるとみている。中でも目を引くのが、ボーカル長瀬智也(40)の動向。まるで、芸能界をフェードアウトしようとしているかのような動きなのだ。

 長瀬は2月11日に米ロサンゼルスから中継予定の第61回「グラミー賞」の現地リポーターの仕事を降りた。グラミー賞の中継は90年代後半から「WOWOW」が独占中継権を持つ。MCはジョン・カビラ、ホラン千秋、小牧ユカ。そして長瀬のキャスティングが番組の看板だった。「長瀬自身も米国のトップアーティストたちと直接交流ができるこの仕事を非常に楽しみにしていた」と番組スタッフは証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る