2%台連発 TOKIO国分太一「ビビット」ついに打ち切り対象に

公開日: 更新日:

 TOKIOの国分太一(44)がメインMCを務めている「ビビット」(TBS系)がついに打ち切り対象として局内で審議され始めたという。

 同番組は2015年春に「白熱ライブ ビビット」の名前でスタート。芸能ニュースや時事問題を扱い、TBS系列の朝の時間帯としては「モーニングEye」以来18年半ぶりのワイドショー復活として話題をさらった。

「国分がジャニーズのタレントとして史上初のワイドショーMCを担当することも番組の看板のひとつでした。かといって、ミーハーな企画に偏るわけではなく、国分とタッグを組む真矢ミキの的確な司会進行も安定があります。内容的には今でも決して悪くないと思います」(TBS関係者)

 ところが、視聴率が伴わずに低空飛行を続けてきた。この3年半の間で数字が一時的に上昇したのは、今年4月にTOKIOのメンバーだった山口達也が強制わいせつ事件でグループを脱退した直後と、今年6月にレギュラーのNEWS・加藤シゲアキが不祥事を起こした時くらい。2~3%台をウロウロし、今月も2%台を連発。テレビ東京を除くと民放最下位のポジションが定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る