新しい地図に合流せず…中居正広は“生涯”ジャニーズ決定か

公開日: 更新日:

 嵐活動休止に次ぐサプライズ情報が飛び込んできた。再三にわたりメディアを賑わせてきた中居正広(46)の独立問題に、ついに結論が出たという。ジャニーズ事務所に残留する道を選択したというのだ。

「本人はかなり迷っていたようですが、一転、腹を決めた中居の行動は迅速そのもの。本来ならば6月に契約更改の意思表示をするところを、3月になったらすぐに上層部に意思を伝えにいったそうです」(事情通)

 この一報に驚きを隠せないのが、中居と公私にわたり付き合いのある制作会社ディレクター氏。そもそも中居と付き合いのある業界関係者の多くが、9割以上の確率で中居は独立すると信じていたという。

「テレビ界ではそれこそ『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『身になる図書館』(テレビ朝日系)の2番組が3月いっぱいで打ち切りになることを受け、さまざまな臆測が飛び交った。そもそも『ナカイの窓』と『身になる図書館』は高視聴率番組。打ち切る理由が全くないわけです。しかも、枠移動をして新番組がスタートしたところで再び視聴率が取れるかは誰にも分からない。恐らくジャニーズは中居が事務所残留を選択せざるを得ないように“アメとムチ”をちらつかせた結果、こんな不可解なことが起きたのだと思います」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る