活動休止まで約2年 「嵐」5者5様の“出処進退”が早くも注目

公開日: 更新日:

 2020年の大みそかをもって、全ての活動を休止する嵐。これを受け、テレビ各局は2年後を見据えた番組編成に着手している。特色が出そうなのが嵐の冠番組を持っていたフジテレビと日本テレビだ。テレビ局関係者がこう話す。

「フジは『VS嵐』の後継番組に元嵐のメンバー数人を起用する形でのバラエティー番組を考えているようだが、ジャニーズサイドは色よい返事をしていないようだ。ジャニーズとしては、次世代を担うグループを育成するため、King&PrinceやSexy Zoneなど一気に代替わりしたグループで冠番組を構成したいからだろう。対する日テレは『嵐にしやがれ』の後枠については、一切白紙の状態。ジャニタレを起用するかどうかも明言していない」

 各局が慌ただしい動きを見せるなか、改めて注目されるのが、活動休止後のメンバーたちの活動だ。まずは桜井翔(37)から。局関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る