アシカ毛筆特訓まで紹介 NHKが新元号特集で「安」推しの謎

公開日: 更新日:

「ひょっとして何らかのプロパガンダなの!?」――。「新元号」発表まで残り1カ月となったタイミングで放送されたNHKの先週1日のニュース内容に、驚かれた方も多いのではないか。

 夜7時の「ニュース7」では、静岡・沼津市の水族館で筆を口にくわえて文字を書くアシカを紹介。書道歴16年のグリル(19=メス)が、ネットなどで予想される新元号を書く特訓の様子を伝えた。注目はグリルが筆で書いた2文字。写真の通り「安久」だった。

 この日、NHKは午前10時台の「くらし☆解説」でも、新元号を特集。年代物ワインのネット販売会社が特設サイトで募集した新元号予想のランキングを取り上げたが、グリルが書いた1位の安久以下、安永、栄安、安始、安明、安栄、永安と、7位まで「安」が付く2文字がズラリ。

「『安』という字が入っているものが多いですね」と驚く司会の岩渕梢アナに、政治部出身の増田剛解説委員は「平成は災害が多かった時代ですから、安全・安心な生活を望む人が多いのかも知れませんね」と分析してみせたが、この台本丸出しの展開はいかがなものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る