最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

公開日: 更新日:

 大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」が10日放送で早くも1桁の低視聴率に。関東地区は9.9%、関西地区は8.0%! NHKから“テコ入れ宣言”も出たが、17日はさらにダウンして9.5%(関東)。

「時代が前後に交差してわかりにくい」「年配の大河ファンが離れている」のが低迷の理由。前者は脚本の宮藤官九郎のせいで、後者は中高年に人気の武将が活躍する時代ではない設定に決めた局のせい。クドカンはヒットは多いが、外しているドラマもある。

“史上最速1桁大河”となった「いだてん」、テコ入れもスベると全話平均で最低の可能性も出てきた。

 ワーストは2010年代が多い。BSでの同日放送や裏番組の強さもあるだろう。3位は記憶に新しい昨年の「西郷どん」の視聴率12.7%(※関東地区)。最低は12.0%で同視聴率の12年「平清盛」(松山ケンイチ)と15年「花燃ゆ」(井上真央)。10年代は「軍師官兵衛」と「真田丸」が15%超でヒットといわれた時期だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

  10. 10

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

もっと見る