最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

公開日: 更新日:

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が10日放送で早くも1桁の低視聴率に。関東地区は9.9%、関西地区は8.0%! NHKから“テコ入れ宣言”も出たが、17日はさらにダウンして9.5%(関東)。

「時代が前後に交差してわかりにくい」「年配の大河ファンが離れている」のが低迷の理由。前者は脚本の宮藤官九郎のせいで、後者は中高年に人気の武将が活躍する時代ではない設定に決めた局のせい。クドカンはヒットは多いが、外しているドラマもある。

“史上最速1桁大河”となった「いだてん」、テコ入れもスベると全話平均で最低の可能性も出てきた。

 ワーストは2010年代が多い。BSでの同日放送や裏番組の強さもあるだろう。3位は記憶に新しい昨年の「西郷どん」の視聴率12.7%(※関東地区)。最低は12.0%で同視聴率の12年「平清盛」(松山ケンイチ)と15年「花燃ゆ」(井上真央)。10年代は「軍師官兵衛」と「真田丸」が15%超でヒットといわれた時期だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る