小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

着ぐるみにCGの顔をかぶせる目新しさで世代を超える番組に

公開日: 更新日:

【法則9】とにかく新しいモノ

 テレビ業界は、視聴率を稼ぐためにマーケティングを重ね、最初からターゲットを絞って番組を作ることも多いという。少子高齢化が加速し、この先、高齢者向けの番組が増えていくかもしれない。

 しかし、NHK「チコちゃんに叱られる!」のプロデューサー・小松純也(52)は、「テレビの王道は世代を超えること」だと、視聴者を年齢で区切るマーケティングには、やや懐疑的だ。

「マーケティングをする時、行動パターンが似ているので、年齢による属性って一番分類しやすいんです。朝この時間に起きて、学校に行く人がいて、仕事前にニュースをまとめて見たい人がいて、お母さんは家事をしながらとか、夕方は子どもが帰ってきて面倒くさいからアニメを見させている間に料理を作ろうとか。年代によってライフスタイルがくっきり分けられるので、マーケティングとしては年齢で切っていくのは正しいんです。だけど、世代で区切って番組を作る必要もないのではないか、とも思っています。高齢の方が好きなゆっくりした番組を、若い人は好きじゃないってこともあるわけで、見る理由があるってことは、見ない理由もあるわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

もっと見る