民放5局で唯一 全時間帯でマイナスに転じた“日テレの敗因”

公開日:

 今月中旬、在京キー局の18年度上半期の決算書が出揃い、話題をさらったのはテレビ朝日の躍進であった。14年から17年まで4年連続、月間では58カ月連続で3冠王の日本テレビはどれだけ窮地に追い込まれているのか。視聴率=CM料金に跳ね返るため、民放各局は死に物狂いだが、どの局が一体“視聴者ファースト”なのか。数字を読み解くとその実態が見えてくる。

 まずは別表を見てほしい。全日帯(6~24時)、ゴールデン帯(19~22時)、プライム帯(19~23時)の上半期視聴率を示したものだ。3つの時間帯ともに順位は①日本テレビ②テレビ朝日③TBS④フジテレビ⑤テレビ東京と前年同期から変動はないが、特筆すべきは日テレの下落ぶりだ。5局の中で唯一、全時間帯でマイナスに転じたのである。しかも秋改編後すぐの10月の月間全日帯でテレ朝(7・7%)に0・1ポイント差で追い越され、5年4カ月ぶりに単独首位の座を明け渡してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る