青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

結婚はせず出世も…有働由美子「本音で生きる」という流儀

公開日: 更新日:

 少子高齢化の進んだ平成では、晩婚や未婚の男女も増え、「おひとりさま」との言葉も出てきた。

 それは芸能界も同じ。有働由美子アナは平成13(2001)年から3年連続で紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、NHKアナウンサーのある意味トップに上り詰める一方、おひとりさまで、熱愛や結婚の噂で芸能マスコミを賑わせた。スポーツを担当していたこともあって、元プロ野球選手の石井琢朗氏の自宅に合鍵を使って入り、その際にカツラとサングラスで変装して話題になったことも。

■取材糸を即座に理解し笑顔で対応

「本当のところはどうなのですか」

 直撃すると、有働アナは驚きつつも、事実関係や心境を端的に話してくれた。こちらの意向や自分の求められていることを即座に理解し、臨機応変に対応する頭の回転の速さがあった。何度目かになると、こちらの名前も覚え、早朝ジョギングの後、名乗って名刺を渡そうとすると、「結構ですよ。もう何枚も家にありますから」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る