青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

結婚はせず出世も…有働由美子「本音で生きる」という流儀

公開日: 更新日:

 少子高齢化の進んだ平成では、晩婚や未婚の男女も増え、「おひとりさま」との言葉も出てきた。

 それは芸能界も同じ。有働由美子アナは平成13(2001)年から3年連続で紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、NHKアナウンサーのある意味トップに上り詰める一方、おひとりさまで、熱愛や結婚の噂で芸能マスコミを賑わせた。スポーツを担当していたこともあって、元プロ野球選手の石井琢朗氏の自宅に合鍵を使って入り、その際にカツラとサングラスで変装して話題になったことも。

■取材糸を即座に理解し笑顔で対応

「本当のところはどうなのですか」

 直撃すると、有働アナは驚きつつも、事実関係や心境を端的に話してくれた。こちらの意向や自分の求められていることを即座に理解し、臨機応変に対応する頭の回転の速さがあった。何度目かになると、こちらの名前も覚え、早朝ジョギングの後、名乗って名刺を渡そうとすると、「結構ですよ。もう何枚も家にありますから」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る