小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

柳沢秀夫の真骨頂は古巣「あさイチ」で培った当事者意識

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 千葉県野田市で起きた両親による女児虐待死事件の報道は一段落した感があるが、厚労省や文科省などが「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検」を各都道府県・政令指定都市に発するなどの余波は続いている。

 各局とも連日、番組で取り上げてきたが、MCやコメンテーターは児童相談所や教育委員会を批判し、表層的かつ建前的な発言に終始してきたように感じる。その中で考えさせられたのがテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」の水・金曜コメンテーター、柳沢秀夫の発言だった。8日の番組で脳科学者・中野信子のコメントを受け、こう語っている。

「(中野さんが言うように)彼は特異な人間ではないと思う。しつけという部分について自分(の胸)に手を当てて考えてみると(虐待に近いことを)やってきたと思う。母親をはじめ、周りにいた人たちが歯止めになってきただけで。(虐待を)なおすことができないとすれば、どんなアプローチをすればいいのか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    コース設定から賞金にまで…全米OP主催のUSGAに不満噴出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る