来年NHK大河は“鉄板”戦国もの テレ朝「ポツン」が戦々恐々

公開日: 更新日:

 ついに7%割れで“危険水域”とも報じられている――。

 NHK大河ドラマいだてん」(日曜夜8時)の話。9日に放送された第22回の平均視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で過去最低を更新した。

「初回こそ視聴率15.5%とまずまずのスタートでしたが、その後は徐々に下降し、第16回の放送では7.1%を記録。2012年に記録した『平清盛』の7.3%を抜いて過去ワーストになりました。依然として10%を割り込み低空飛行ですが、関係者の間では『下げ止まった』なんて声も聞こえてきた。そんな中での、6.7%は関係者にとってショックでしょう」(芸能プロ関係者)

 皮肉なことに視聴者が“流れた”といわれている裏番組の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)は9日の放送で視聴率20.3%と過去最高を記録。そこでささやかれているのが長谷川博己(42)主演の次回作「麒麟がくる」に「いだてん」が与える影響だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る