話題沸騰で裏番組KO テレ東「池の水ぜんぶ抜く」の強み

公開日:

 先月26日のテレビ東京「緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5」が平均視聴率12・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)の高視聴率を獲得した。

 今年1月、第1弾が放送されるとたちまち話題沸騰。単に“池の水を抜く”というシンプルながら、誰も思いつかなかったアイデアで視聴者の心をワシ掴みし、9月の第4弾11.8%をさらに上回る人気になった。

 ちなみに今回は「誰も知らない明石家さんま」(日本テレビ系、13.9%)、「ビートたけしのスポーツ大将」(テレビ朝日系、5.8%)、「ニチファミ! 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2017」(フジテレビ系、11.0%)と競合目白押しの中で大健闘し、当然ながらNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(11.3%)も撃破した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る