二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

若手俳優が続々出演 時代劇映画はNHK大河への大事な“伏線”

公開日: 更新日:

「まんぷく」に続く100作目となる「なつぞら」も絶好調のNHK朝ドラ。演技達者な子役に続き、主演の広瀬すずを囲むぜいたく過ぎる脇役陣。今後もかつての朝ドラのヒロインが登場するなど話題は尽きない。一方で大苦戦しているのが大河ドラマ「いだてん」。日本人初の五輪出場を果たした金栗四三の奮闘を描く前半。放送1カ月足らずにして危険水域を超える1桁の視聴率。原因はいろいろ取り沙汰されているが、端的に「わかりにくい」という声が多い。

 ドラマの中で金栗のいた明治とビートたけし演じる古今亭志ん生が高座で振り返る昭和の時代が交互に出てくるなど、毎週見ている人も戸惑うほど。従来の大河の型を変えて凝った演出にしたのかもしれないが、策に溺れた感もする。従来の大河のように誰もが知っている歴史上の人物だったら、多少のわかりにくさもカバーできるが、なじみの薄い主人公の物語。途中参加ができないのも低視聴率の要因だと思う。今後、話題の俳優の登場に宣伝活動も積極的に行われても、厳しい状況は変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る