二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

若手俳優が続々出演 時代劇映画はNHK大河への大事な“伏線”

公開日: 更新日:

「まんぷく」に続く100作目となる「なつぞら」も絶好調のNHK朝ドラ。演技達者な子役に続き、主演の広瀬すずを囲むぜいたく過ぎる脇役陣。今後もかつての朝ドラのヒロインが登場するなど話題は尽きない。一方で大苦戦しているのが大河ドラマいだてん」。日本人初の五輪出場を果たした金栗四三の奮闘を描く前半。放送1カ月足らずにして危険水域を超える1桁の視聴率。原因はいろいろ取り沙汰されているが、端的に「わかりにくい」という声が多い。

 ドラマの中で金栗のいた明治とビートたけし演じる古今亭志ん生が高座で振り返る昭和の時代が交互に出てくるなど、毎週見ている人も戸惑うほど。従来の大河の型を変えて凝った演出にしたのかもしれないが、策に溺れた感もする。従来の大河のように誰もが知っている歴史上の人物だったら、多少のわかりにくさもカバーできるが、なじみの薄い主人公の物語。途中参加ができないのも低視聴率の要因だと思う。今後、話題の俳優の登場に宣伝活動も積極的に行われても、厳しい状況は変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る