39年ぶり自著出版 山口百恵さん“還暦”までのヒストリー

公開日: 更新日:

「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」と、三浦百恵さん(60)はあとがきで心境をつづっているという。「蒼い時」以来39年ぶりの著書として7月末に刊行する「時間の花束 Bouquet du temps(ブーケ デュ タン)」(日本ヴォーグ社)。

 百恵さんが20代のころからつくりあげたキルト作品から、約70点が掲載されており、夫の三浦友和(67)や長男で歌手の三浦祐太朗(35)、次男の俳優三浦貴大(33)のためにつくった作品もあるというから、引退し家庭に入ってからの百恵さんのヒストリーが感じられそうだ。

 百恵さんウオッチャーのベテラン芸能記者、青山佳裕氏が言う。

「百恵さんは毎年国際キルトフェスティバルに作品を展示されているのですが、たとえば2017年には子供部屋のベッドカバーとラグマットを発表され、すごく可愛いと評判になっていました。とりわけベッドカバーはカラフルな布をパッチワークし、子供なら大喜びし跳びはねるような作品で、まだ見ぬ初孫への思いをもとにつくられたのではないかとみられていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る