39年ぶり自著出版 山口百恵さん“還暦”までのヒストリー

公開日: 更新日:

「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」と、三浦百恵さん(60)はあとがきで心境をつづっているという。「蒼い時」以来39年ぶりの著書として7月末に刊行する「時間の花束 Bouquet du temps(ブーケ デュ タン)」(日本ヴォーグ社)。

 百恵さんが20代のころからつくりあげたキルト作品から、約70点が掲載されており、夫の三浦友和(67)や長男で歌手の三浦祐太朗(35)、次男の俳優三浦貴大(33)のためにつくった作品もあるというから、引退し家庭に入ってからの百恵さんのヒストリーが感じられそうだ。

 百恵さんウオッチャーのベテラン芸能記者、青山佳裕氏が言う。

「百恵さんは毎年国際キルトフェスティバルに作品を展示されているのですが、たとえば2017年には子供部屋のベッドカバーとラグマットを発表され、すごく可愛いと評判になっていました。とりわけベッドカバーはカラフルな布をパッチワークし、子供なら大喜びし跳びはねるような作品で、まだ見ぬ初孫への思いをもとにつくられたのではないかとみられていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  9. 9

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  10. 10

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

もっと見る