青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

百恵さんが「このおじちゃんはね、ママのお知り合い」と

公開日: 更新日:

 平成31年、2019年1月17日は山口百恵さんの還暦の誕生日だった。あの日本武道館でステージに白いマイクを置いたファイナルコンサートから来年で40年、「幸せになります」との誓いはかなったのか。

■還暦の誕生日は夫と映画鑑賞

 記念日の当日、六本木ヒルズに百恵さんはいた。東京都下の自宅から夫・三浦友和(67)の車でやって来たとみられ、TOHOシネマズの階段を上っていく。若者が中心のシネコンで、夫婦で入ったのは映画「クリード 炎の宿敵」。ロッキー・シリーズ最新作のボクシング映画。アクション映画好きな百恵さんが選んだのか。友和は百恵さんのために2日間連続でオフにしていたようだ。

 百恵さんの自宅は2世帯住宅で、90代の義父母に献身的に尽くし、介護の勉強もしている。義姉はこう言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る