「凪のお暇」期待度No.1も…黒木華が手放しで喜べないワケ

公開日: 更新日:

 国内最大級の映画とドラマのレビューサービス「フィルマークス」が先月28日、地上波夏ドラマの「期待度ランキング」を発表した。サービス内のデータに基づいたもので、別表AはそのTOP10。期待度1位は黒木華主演のラブコメだ。

「『凪のお暇』は原作コミックも人気。ビジュアルの完成度を高めるために髪をもじゃもじゃにした黒木さんの意気込み、本気度も感じます。民放の連ドラ主演は3年ぶり。もともと演技は達者だし、原作ファンの期待は大きいでしょう」(芸能ライターの山下真夏氏)

 初回放送は19日とまだ先だが、ちなみに6位も9位も初回視聴率13%台とまずまずの滑り出し。期待に応えている。

「2位の主演は石原さとみで、3位は深田恭子、4位は杏です。いずれも超が付く人気女優を抑えての1位ですから、黒木も大したものですが、だからといって視聴率に直結するとは限らない。業界の下馬評では石原、深田、杏で数字を争うともっぱらですね」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る