吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

公開日: 更新日:

 闇営業問題に揺れる吉本興業の大崎洋会長が、各メディアのインタビューに答え、「事務所と所属芸人の間には紙の契約書はなく、口頭で契約を交わしてきた」と答えている。

 これに反応したのは、吉本所属のお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(36)。出演する「スッキリ」(日本テレビ系・7月15日放送)で、「口頭でも聞いたことがない。お互い同意してないと契約って結ばれないと思う」とコメントした。

 老舗芸能プロの吉本興業で契約書がなかったとは意外だが、ワイドショー芸能デスクはこう語る。

「芸能界はもともとは、“義理と人情”の世界で、ほとんどが口約束、ギャラもどんぶり勘定だったんですよ。今でも役者系、音楽系、お笑い系など、規模の大小を問わずそういうところはありますよ」

 しかし契約書がなければ、今回のような場合、「闇営業は契約違反だ」と主張できないうえ、ギャラの取り分や移籍や独立などで問題が起こった場合、トラブルに発展するケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る