吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

公開日: 更新日:

 闇営業問題に揺れる吉本興業の大崎洋会長が、各メディアのインタビューに答え、「事務所と所属芸人の間には紙の契約書はなく、口頭で契約を交わしてきた」と答えている。

 これに反応したのは、吉本所属のお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(36)。出演する「スッキリ」(日本テレビ系・7月15日放送)で、「口頭でも聞いたことがない。お互い同意してないと契約って結ばれないと思う」とコメントした。

 老舗芸能プロの吉本興業で契約書がなかったとは意外だが、ワイドショー芸能デスクはこう語る。

「芸能界はもともとは、“義理と人情”の世界で、ほとんどが口約束、ギャラもどんぶり勘定だったんですよ。今でも役者系、音楽系、お笑い系など、規模の大小を問わずそういうところはありますよ」

 しかし契約書がなければ、今回のような場合、「闇営業は契約違反だ」と主張できないうえ、ギャラの取り分や移籍や独立などで問題が起こった場合、トラブルに発展するケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る