ユン・ジョンビン監督「絶対に正しいと信じてはいけない」

公開日: 更新日:

 コードネームは黒金星(ブラック・ヴィーナス)。北朝鮮の核開発を探るべく、北に潜入した元工作員の実話をもとにした韓国映画「工作―黒金星と呼ばれた男」がヒット中だ。ユン・ジョンビン監督(39)に見どころを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――平壌で金正日と接見する場面といい、とてもリアルで、どこまで事実なのか話題です。

「すべてと思っていただいて結構です。北に関する資料などは韓国国内外にたくさんあるし、脱北者もたくさんいるので、考証自体はそう難しいことではないのです。あの接見の場面で、金正日は小型犬を抱いて登場しますが、実際に複数の別荘で、多様な犬を飼っていたそうです」

 ――元工作員の証言のなかで驚いたエピソードがあるとか。

「ええ。黒金星に対して、北の幹部から『あなたの商売をやらせてあげるから、平壌に子どもを一人つくりなさい』との提案があったというのです。それで女性と一つの部屋に押し込まれたと。女性も黒金星もそれを望んでいなかったので、盗聴対策のために行為をするフリだけした。恐らく、北は子どもを人質にと考えたのでしょう。本国の安企部に報告したところ、『早くつくってこい』と命令されたそうです」

 ――大統領選の際に、韓国の与党幹部がミサイル発射を北に打診し、金正日が「面倒ばかりかけおって」と言う場面も驚きです。

「報道とは別の真実、裏があるのです。今現在も何かしらの裏取引がある可能性は少なくないでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る