二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

公開日: 更新日:

 圧力はないが疑いはあった。要は民放のジャニーズに対する忖度(そんたく)とみられている。本来、局と事務所は「出してあげている」でもなく「出てあげている」の意識もない五分の関係にあるのが正常。「キャスティングをどうする」と会議する制作サイド。「うちの子をぜひ使ってください」と営業する事務所のマネジャー。それが昭和の自然な光景だったが、時代の流れとともに変化が表れる。事務所も人気タレントを多く抱えることで次第に巨大化。勢力を伸ばすことでいつしか局に重圧をかける。テレビ界ではこんな話が以前から流れていた。

「ジャニーズの場合、不都合なことをすれば他の番組と事務所の間に軋轢(あつれき)ができて、迷惑をかける。テレビ側が自主的に忖度するようになり、今も脈々と受け継がれている。元SMAPを使わないのも圧力ではなく忖度だと思います」(民放関係者)

 公取が関心を示したことを機に民放界も考え直す時期に来ていると思う。芸能界もスポーツ界と同じように公平であるべきプロの世界。同じ土俵で覇を競い実力と人気のある者が勝ち上がっていくのが本来の姿。事務所の暗黙の圧力でライバルが排除されるとしたなら、明らかに公平さに欠ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る