二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

公開日: 更新日:

 吉本興業のお家騒動の陰に隠れてしまったが、芸能界全体に影響しかねない案件があった。きっかけは7月17日のNHKのニュース速報だった。「元SMAP3人のTV出演に圧力の疑い ジャニーズ事務所を注意 公正取引委」のテロップが流れた。

 速報するほどの大きなニュースではないと思うが、最近のNHKは民放並みに関心度の高いニュースは芸能でもトップ扱いする時代。それほどの関心事だとの判断だろう。ジャニーズは即座に「圧力をかけた事実はない」と対応。民放各局も同調するように圧力を否定したが、公正取引委員会が潜行下に調査していた結果、直接圧力はなかったものの恐れがあったとして注意にとどまった事実があったのは明白。確かに2年前にジャニーズ独立以後、草彅剛稲垣吾郎香取慎吾の3人は地上波の番組が次第に終了。地上波から3人の姿は消えていた。

「各局にも『なぜ3人を使わない』といった抗議もあり、視聴者の大半も不自然に映っていた。局内でも『おかしい』と思っている人も少なくない。民放に“襟を正して欲しい”との意図から公取やNHKに協力したとの見方です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る