大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

フジ映画好調 お祭り政治風刺の効いた三谷監督作がヒット

公開日: 更新日:

 フジテレビ映画が好調だ。先週公開されたばかりの「記憶にございません!」を含めると、今年に入って実に5作品連続で大ヒットを放ったことになる。この8月から9月、テレビ局製作の映画が足並みを揃えたかのようにヒット作を連発しているが、やはりフジテレビが抜きんでている。

 公開順に「マスカレード・ホテル」(興収46億2000万円)、「翔んで埼玉」(同37億5000万円)、「コンフィデンスマンJP」(25億5000万円)、「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」(推定同55億円)といった具合である。「記憶にございません!」は35億円が狙えるという。

 もともとフジテレビは映画事業に定評があることで知られる。ただ、今年からはヒットのバリエーションに変化が出てきた。「踊る大捜査線」や「海猿」などのシリーズものが圧倒的に強かったかつての一極集中型の興行から、多極型の興行への移行である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る