二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

公開日: 更新日:

 関ジャニ∞錦戸亮(34)の事務所退所に続き、今度は謹慎処分者がジャニーズ公式サイトで発表された。ジュニア内のユニット“HiHi Jets”の橋本涼(18)と作間龍斗(16)の2人の寝顔がネットに流出。さらに、当事者の女性がインスタで2人のことを語り事務所も聞き取り調査。本人であることを認めたことで年内の活動自粛を決定した。

 昔からタレントと女性の写真などあったが、ピンボケも多く本人が「私ではない」と言えば「そっくりさん」でしかない。“沈黙は金”――。余計なことを言わなければ、噂の域を出ることなく時間と共に消え去った。ネット社会の現代はそうはいかない。動画もあればネット住民も騒ぐ。嘘をつくのは難しい。俳優や芸人は認めたところで仕事にそう支障はないが、アイドルは人気に影響する。厳しい処分となる。

 故・ジャニー喜多川氏がつくり上げたアイドル帝国も、私生活の管理となるとジャニー氏は範疇(はんちゅう)外。仕事を離れれば10代の少年。遊びたい盛り。そこに「アイドル」の肩書が加わることで環境は一変。最強のモテ男となる。「ファンには手を出さない」がご法度とわかっていても油断が生まれる。最近は“やらかし”と呼ばれる一部の過激なファンがよく問題になっている。我慢できずに「やめて欲しい」と抗議までする人も出てきている。かなりの異常事態と察しがつく。本来なら相手にしないはずが、ジュニアの2人に“やらかし”の判別までは難しい。ネットの網に引っかかったのが今回の騒動。しかも、ネットに上げたのは当の女性の知人という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る