てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

YouTuber活動は「キングコング梶原」の壮大な野望の種まき

公開日: 更新日:

「『カジサックくん』っていうコントがあったんですよ。あまりにもスベりすぎて、思い出に残っちゃって」(梶原雄太テレビ朝日「しくじり先生」9月3日放送)

「2019年末までにチャンネル登録者数が100万人を超えなかったら、芸人を引退します」と宣言し、YouTuberになったキングコングの梶原雄太(39)。「YouTuberをなめるな」などとバッシングを受けながらも今年7月、その目標を達成した。

 YouTuberとしては「カジサック」を名乗り活動しているが、その名前の由来を語った言葉を今週は取り上げたい。彼らが名を上げたコント番組「はねるのトびら」(フジテレビ)で生まれたキャラクターの名前だったのだ。

「はねるのトびら」は12年に終了し、梶原はテレビ出演が激減した。一部では「干された」と噂されたが「単純にボクの実力が足りなかっただけ」(Cyber Now「新R25」18年10月19日)と本人は言う。ひな壇バラエティーが全盛の中、そこで笑いを取ることができなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る