キンコン梶原が芸人引退宣言…YouTuberで食っていけるのか

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)が10月1日から、「カジサック」としてユーチューバーデビューした。2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に満たなかった場合、「芸人を引退する」とまで宣言した。

 そもそも梶原がユーチューバーになった理由は、新しいことにチャレンジしたいと思っていた時に、イベントで人気ユーチューバーの「水溜りボンド」と「Fischers―フィッシャーズ―」の人気を目の当たりにしたからだという。

 果たして梶原は人気ユーチューバーになれるのか。3週間近く経った現在、梶原のチャンネル登録者数は約17・7万人で、視聴回数は690万回程度。開設から1カ月未満で登録者数100万人を突破した女優の本田翼の例もあるが、1年間投稿を続けている「元SMAP」草彅剛の登録者数は83万人、「クリエイターズ・ファイル」が好評のお笑い芸人「ロバート」の秋山竜次ですら40万人だ。果たして“ノルマ達成”は可能なのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る