山里亮太は努力する“策士” 吉本総合芸能学院の恩師が激白

公開日: 更新日:

 人気女優の蒼井優(33)を射止め、今や“全ブサメンの英雄”となった、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)。5日の結婚会見ではおノロケ連発だったが、“美女と野獣”夫婦の誕生のウラ側を、山里の吉本総合芸能学院(NSC)時代の恩師で漫才作家の本多正識氏が日刊ゲンダイに語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 山里からの一報は5日の会見後だった。

「『事後報告になってしまってすみません!』と電話がありましたが、仕事の姿勢を尊敬してるという蒼井さんの言葉に、山ちゃんを分かってくれる人と巡り合えたんやなぁ、とうれしく思いました。彼は本当に“努力家”で“策士”です」

 大阪のNSCで山里は非常に努力家だったという。

「大阪のNSCで私は生徒で唯一、『大阪は無理、東京に転籍させてもらいなさい』と言ったのが山ちゃんです。大阪弁ができないことはハンディになるので東京で言葉の不自由なくお笑いをやった方がいいと勧めました。ところが、彼は親に芸人になると言って、関西の大学に入学した手前、東京には戻れないと。強い信念を持っているんだなと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る