山里亮太は努力する“策士” 吉本総合芸能学院の恩師が激白

公開日: 更新日:

 人気女優の蒼井優(33)を射止め、今や“全ブサメンの英雄”となった、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)。5日の結婚会見ではおノロケ連発だったが、“美女と野獣”夫婦の誕生のウラ側を、山里の吉本総合芸能学院(NSC)時代の恩師で漫才作家の本多正識氏が日刊ゲンダイに語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 山里からの一報は5日の会見後だった。

「『事後報告になってしまってすみません!』と電話がありましたが、仕事の姿勢を尊敬してるという蒼井さんの言葉に、山ちゃんを分かってくれる人と巡り合えたんやなぁ、とうれしく思いました。彼は本当に“努力家”で“策士”です」

 大阪のNSCで山里は非常に努力家だったという。

「大阪のNSCで私は生徒で唯一、『大阪は無理、東京に転籍させてもらいなさい』と言ったのが山ちゃんです。大阪弁ができないことはハンディになるので東京で言葉の不自由なくお笑いをやった方がいいと勧めました。ところが、彼は親に芸人になると言って、関西の大学に入学した手前、東京には戻れないと。強い信念を持っているんだなと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る