小渕健太朗「君が代」独唱騒動 布袋寅泰が持論展開の波紋

公開日: 更新日:

「力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」

 ギタリストの布袋寅泰(57)がそう物申した。

 男性デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)が先のマラソングランドチャンピオンシップ大会で独唱した君が代について、「放送事故」「喉の病気」「町内ののど自慢でも予選落ち」といったコメントがネットで相次ぎ、ちょっとした騒動になっている件。

 布袋はSNSで「動画を見た」とし、こんな持論を展開したのである。

「確かに理想的な歌唱であったとは言えず、誰よりも本人が一番悔しい思いをしているはずだ。歌い出しの前深々とお辞儀をして、発声の際大切な横隔膜と喉との間の呼吸バランスが崩れ、歌い出しからオクターブが狂い、瞬時に元に戻すことが不自然だと察し、そのままのキーで歌わざるを得ない状況であったと僕は推測する。泣きたいくらい悔しかったはずだ。擁護もしない。しかし否定もしない」などとしつつ、冒頭のようにつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る