太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

詐欺事件、ヤクザ愛人説、ギャンブル好き…報道の99%が嘘

公開日: 更新日:

 80年代後半から90年代にかけて、“演歌の女王”“元祖韓流スター”と呼ばれ、セクシーなハスキーボイスと抜群の歌唱力で、「大阪暮色」や「すずめの涙」「北空港」など次々とヒット曲を飛ばした歌手・桂銀淑(58)。

 88年から7年間、紅白歌合戦に連続出場して、趙容弼、金蓮子、BoAら韓国人歌手を超える紅白出場記録を更新した。88年度有線放送大賞グランプリにも輝いている。

 ところが、2007年末、覚醒剤所持の現行犯で逮捕、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受け、翌年8月ビザ切れをキッカケに韓国に失意のどん底で帰国した。

 その後、韓国でも歌手活動の復帰を目指しているさなか、14年、突然降りかかってきた詐欺事件や覚醒剤事件に巻き込まれて、懲役1年2月の実刑判決を受けて服役するなど小説以上の波瀾万丈の人生を送っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る