大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン~から始まる2本の映画

公開日: 更新日:

 何とも面白い現象だ。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン」(「昔々」の意)という実に長ったらしい題名が付けられた洋画が、同時期に2本も公開されている。「ワンス・アポン~」のあとには、それぞれ「・ハリウッド」と「・ザ・ウェスト」と続く。

 前者は本コラムで以前に紹介したクエンティン・タランティーノ監督の新作。後者は1969年に公開されたマカロニ・ウエスタンの巨匠、セルジオ・レオーネ監督の傑作西部劇の題名だ。

 レオーネ監督でいえば、彼が演出した3作品で「ワンス・アポン・ア・タイム・イン」が付く。先の「ウェスト」に加え、「・ザ・レボリューション」(71年)、「・アメリカ」(84年)の3本だ。

 ただし、うち2本の邦題はかなり異なる。「ウェスト」はシンプルに「ウエスタン」、「レボリューション」はマカロニっぽい「夕陽のギャングたち」だった。昔は原題のままでは分かりにくいとの判断が強固で、工夫された邦題が多かった。2本ともに文句なしの邦題であったといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る