二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

加藤綾子らに見る 1億総カメラマン時代の恋愛と結婚の流儀

公開日: 更新日:

 滝川クリステルと結婚した小泉進次郎は交際中、外で会うことはいっさいせず、お互いの家がデート場だったという。相手がタレントでもあり政治家が恋愛で騒がれるのはマイナスでしかないと考えたと思うが、芸能人はそこまで神経質にならない。やはり外のデートを楽しむべく個室のある店などを利用して人目につかないように工夫している。

 それでも1億総カメラマンの時代。壁に耳あり障子に目あり。外のデートはバレやすい。都内がダメなら最近は沖縄のリゾートホテルなどを利用する女優もいるが、国内は交通手段も含めて目につきやすい。さらに外で安全性を求めるなら海外のはずが、フリーアナの加藤綾子(34)とEXILEのパフォーマーで三代目J SOUL BROTHERSのリーダー・NAOTO(36)の海外デートも「週刊文春」によって発覚した。スイスのリゾートホテルなどヨーロッパを中心にデートしていた2人。デートのスケールの大きさに驚くばかりだが、絶対安全だったはずの海外デートも発覚してしまった。加藤が選んだヨーロッパなら日本人も少なく、見つかる確率が低いはずが、「こんなところに日本人」(テレビ朝日系)の番組のように、世界のいたるところに日本人あり。同じ宿泊客の目撃談が紹介されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す