二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

加藤綾子らに見る 1億総カメラマン時代の恋愛と結婚の流儀

公開日: 更新日:

 滝川クリステルと結婚した小泉進次郎は交際中、外で会うことはいっさいせず、お互いの家がデート場だったという。相手がタレントでもあり政治家が恋愛で騒がれるのはマイナスでしかないと考えたと思うが、芸能人はそこまで神経質にならない。やはり外のデートを楽しむべく個室のある店などを利用して人目につかないように工夫している。

 それでも1億総カメラマンの時代。壁に耳あり障子に目あり。外のデートはバレやすい。都内がダメなら最近は沖縄のリゾートホテルなどを利用する女優もいるが、国内は交通手段も含めて目につきやすい。さらに外で安全性を求めるなら海外のはずが、フリーアナの加藤綾子(34)とEXILEのパフォーマーで三代目J SOUL BROTHERSのリーダー・NAOTO(36)の海外デートも「週刊文春」によって発覚した。スイスのリゾートホテルなどヨーロッパを中心にデートしていた2人。デートのスケールの大きさに驚くばかりだが、絶対安全だったはずの海外デートも発覚してしまった。加藤が選んだヨーロッパなら日本人も少なく、見つかる確率が低いはずが、「こんなところに日本人」(テレビ朝日系)の番組のように、世界のいたるところに日本人あり。同じ宿泊客の目撃談が紹介されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る