小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

20年後のアナゴさん役オファーで苦悩「あの唇どうしよう」

公開日: 更新日:

 今年の10月でアニメ放送50周年を迎えた「サザエさん」(ギネス世界記録更新)。それを記念して制作されたSPドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」にて20年後のアナゴさんを演じました、小手伸也です。

 正直、なぜ僕が? はたして僕で良いのか? ビジュアルは近づけるのか? 単純に20年で中年太りしたとすればなんとなく腑に落ちる範疇か? あと唇どうしよう? などとオファーをいただいた後もいろいろ考えてました(何せ誰もが知ってるキャラクターですし)。

 ただ今作を演出した鈴木雅之監督の「全体としてモノマネやコスプレをしたいわけじゃないので(笑い)」というお言葉で、演じ手として本来の役作りに立ち返ることができ、ビジュアル的にはやや唇をとがらせる程度に留めましたが(笑い)、声やしゃべり方については、現在「穴子」の声を担当されている声優の若本規夫さん(昔から大ファンです!)に対するリスペクトと、このドラマを楽しみにされている原作(アニメ)ファンの方々にご納得いただきたい気持ちから、かねて最重要課題だととらえてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る