小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ45歳。

20年後のアナゴさん役オファーで苦悩「あの唇どうしよう」

公開日: 更新日:

 今年の10月でアニメ放送50周年を迎えた「サザエさん」(ギネス世界記録更新)。それを記念して制作されたSPドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」にて20年後のアナゴさんを演じました、小手伸也です。

 正直、なぜ僕が? はたして僕で良いのか? ビジュアルは近づけるのか? 単純に20年で中年太りしたとすればなんとなく腑に落ちる範疇か? あと唇どうしよう? などとオファーをいただいた後もいろいろ考えてました(何せ誰もが知ってるキャラクターですし)。

 ただ今作を演出した鈴木雅之監督の「全体としてモノマネやコスプレをしたいわけじゃないので(笑い)」というお言葉で、演じ手として本来の役作りに立ち返ることができ、ビジュアル的にはやや唇をとがらせる程度に留めましたが(笑い)、声やしゃべり方については、現在「穴子」の声を担当されている声優の若本規夫さん(昔から大ファンです!)に対するリスペクトと、このドラマを楽しみにされている原作(アニメ)ファンの方々にご納得いただきたい気持ちから、かねて最重要課題だととらえてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る