小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

高良健吾くんと東出昌大くん…この2人、ちょっと似てる!

公開日: 更新日:

 ただいま放送中にして鋭意撮影中の「モトカレマニア」(フジテレビ系)の現場にて、先週12日、共演中の高良健吾くんが誕生日を迎えました。

 当日はスタッフの皆さんとケーキサプライズをやりまして(本人談「正直いつ来るかとソワソワしてました」)、それはそれで喜んでいただけたんですが、そのタイミングが僕と2人きりのシーンだったんですね。リハーサルの最後に、歌いながらケーキを運んで来るという大事な大事な役がまさかの僕という状況に、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいでした。小手伸也です(高良くんゴメンね。改めておめでとう)。

 そんな32歳になったサウナ大好き青年(プレゼントは「サウナの回数券」)の高良くんですが、東出昌大くんと相当仲が良いらしく、しょっちゅう遊びに行ったり飲みに行ったりで会っているんだとか。なので高良くんに「東出くんと何して遊んでいるの?」と聞いたところ、彼の狩猟に付き添って山に行った話を聞きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る