クラシック長年封印 原田悠里さん挑戦決意にカラスの名曲

公開日: 更新日:

「ある晴れた日に」(マリア・カラス)

 旅情演歌の第一人者といえばこの人、原田悠里さん。その歌声は声楽で鍛えたもので、世界的なソプラノ歌手、マリア・カラスに魅了されたひとりだ。

 昨年10月1日に行ったコンサート「歌語の浪朗唱」で「明治の幻燈 蝶々夫人」をやりました。二葉百合子先生から教わった歌謡浪曲、北島(三郎)先生の助言でここまでこられた演歌、そして歌謡曲、オペラで構成しました。オペラで歌ったのがマダムバタフライ、「蝶々夫人」の「ある晴れた日に」なんです。

■美空ひばりさんに憧れて歌手を志すも…

 熊本県天草の子供時代は、近くにあった映画館から美空ひばりさんの時代劇の歌が流れてきたのね。だから「港町十三番地」とか「波止場だよ、お父つぁん」を聴いて育ち、その頃から将来は歌手になると決めていました。

 でも、父の口癖は「学校の先生になれ」。それで学校の先生にならないことには歌手にもなれないと思い、鹿児島大学教育学部の音楽科に入り専攻したのが声楽です。クラシックなんてまったく知らないまま。私は地声が低いのに、先生に言われてソプラノをやることになったのね。ソプラノは声が高いからやるのではなく、声質と訓練次第なんですね。ひばりさんしか聴いたことがなかったのに大学で初めてオペラに触れ、マリア・カラスに出会うわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る