東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

公開日: 更新日:

「自身の連ドラ初主演作ということで、桐谷さんは周囲に『大事に考えている』などと熱い思いを語っていたそうです。東出さんの不倫騒動に一番ショックを受けているはずなのに、そんなことはおくびにも出さず、『自分たちは一生懸命やるだけ』という素直な思いを真剣にぶつけた。もともと桐谷さんは、ハートは熱いけどユーモアのセンスもある大阪の気のいいニーチャンです。深刻になり過ぎないように苦笑交じりで話してみたり、彼のいい面がストレートに出たから、好感を持たれたのでしょう」

 そのおかげかどうか、東出の不倫発覚直後に視聴率1ケタ台に転落した「ケイジとケンジ」は、30日放送の第3話で2ケタ台に回復した。

「桐谷はある意味“被害者”みたいなものですからねえ。それでも逃げずに、自分の嘘偽らざる気持ちを話してみせた。ビジネスの世界でもそうでしょうが、最近のお客さん(視聴者)は変に隠し立てしようとすると、すぐに見抜く。共演している比嘉愛未も開き直るでも卑屈になるでもなく、自身のSNSで〈ケイジとケンジよろしくね〉とド直球に呼びかけていましたが、ファンにはこれが好評で、〈頑張って〉〈見続けます〉なんて応援メッセージが多数寄せられています」(前出のテレビ局関係者)

 同僚のトラブルであおりを食ったら、逃げずに素直に対処した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る