マスクがない!「濡れマスク」で新型ウイルスは防げるか?

公開日: 更新日:

 マスクがどこにもない――新型コロナウイルス対策でマスクが売れに売れている。

 中国政府が武漢など湖北省の都市を封鎖し、各都市への交通機関を通行停止した1月23日を境に、ネット通販のアマゾンでは、通常価格のマスクは在庫切れ状態に。大手フリマアプリのメルカリを見ると、不織布の使い捨てマスク50枚入りが25万円というのもあった。

 当然ながら、薬局やドラッグストアはどこも売り切れ状態。記者がマスクを求めて新宿、渋谷、高田馬場のドラッグストアを8軒回ったが、在庫がある店はゼロ。ほかの人に聞いても同様の答えだった。

 しかし一方で、全員が口にしたのが「“濡れマスク”はまだあった」(2月2日時点)。ある人は4軒ドラッグストアを回り、いずれもマスクは売り切れていたが、“濡れマスク”はどの店にもあったという。記者も「マスクありますか?」と店員に聞くと、「“濡れマスク”ならありますけど」と返ってくることが何度かあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る