コトブキツカサ
著者のコラム一覧
コトブキツカサ映画パーソナリティー

1973年、静岡県生まれ。映画パーソナリティー&映画心理カウンセラー。有働由美子、マツコ・デラックスと同じナチュラルエイトに所属。ハリウッドのエピソードから心理まで多角的に作品を網羅。水道橋博士も信頼を寄せる映画専門家。

清原和博様「路上のソリスト」のように再起を成し遂げて

公開日: 更新日:

 映画パーソナリティー&映画心理カウンセラーのコトブキツカサが“今、旬な”人々に映画を処方して、より良い日々を送っていただこうという勝手なコラム。

“番長”のニックネームで愛されてきた球界のレジェンド・清原和博。最近では厚労省のイベントに2年連続でゲスト登壇し、覚醒剤経験者として薬物の恐怖について語り、更生への道を歩んでいるかと思いきや、銀座で泥酔。乱闘騒ぎを起こしていました。

 そんなお騒がせ清原氏に処方したい映画は「路上のソリスト」(ジョー・ライト監督)という作品です。本作は、新聞記者のスティーブ(ロバート・ダウニー・Jr)が、ホームレスの音楽家ナサニエル(ジェイミー・フォックス)を更生させる実話を基にした物語。人生に迷うスティーブは、ジュリアード音楽院で学んだホームレス・ナサニエルに出会う。記者として最初はオイシイ取材対象を見つけたと思ったのですが、彼の音楽的才能に惚れ込み、更生させようと試みます。一見すると、スティーブが一方的にナサニエルを援助しているようですが、実は、お互いが「自分は他人から必要とされている」と支え合うことで互いに生きる光を見つけるところが作品のキモになっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る