小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

公開日: 更新日:

 米倉涼子が所属事務所を退社、その前は中居正広――大物の独立が続いている。ところで2018年に独立したあの人は……。大手プロから独立した小泉今日子である。

 25日、世田谷パブリックシアターで「2020年マイ・ラスト・ソング~久世さんが残してくれた歌~『懐かしの水曜劇場編』」(東京公演)が行われた。小泉、独演の舞台だ。

■消毒、マスクの防護態勢

 新型コロナウイルスの影響で演劇やコンサートが軒並み中止という中での開催。小泉は開催するか悩んだが、19日の政府の重大発表が「ふんわりとあいまいな自粛要請だったからやることにした」と冒頭で自ら開催に至った経緯を説明。入り口では消毒、マスクをしていない人にはスタッフがマスクを配る万全の態勢で行われた。

■恒例の恩師・久世光彦の世界

 同公演は08年から行われている。演出家でもあり、小泉の恩師でもある演出家・久世光彦のエッセー「マイ・ラスト・ソング」の世界を朗読と歌でつづるもので、小泉は久世のエッセーを朗読、「時間ですよ」や「ムー」のドラマや出演者について語り、さらには浜田真理子の歌に合わせ、郷ひろみ樹木希林の「お化けのロック」を控えめに歌う場面も。観客も普通に楽しんでいた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾