石田純一はコロナ“ゴルフ感染”…脇の甘さに厳しい声が次々

公開日: 更新日:

 15日に新型コロナウイルス感染が判明した、現在入院中の石田純一(66)の感染経緯が明らかになってきた。

 スポニチによると、石田は5日に北関東のゴルフ場で8人でプレー。その後、女性2人が合流し食事会に参加した。その女性2人が石田らよりも前に発症し、当日一緒にプレーした男性1人が石田と同時期に発症。石田は食事会に同席した女性2人から感染した可能性が高いとみられている。

 さらに石田はこの後、10日に沖縄入り。当初、自らが経営する飲食店の打ち合わせのため沖縄に行ったとコメントしていたが、11日にも沖縄の高級ゴルフ場でプレー。この時に体のだるさを感じ、13日に帰京、14日に肺炎の傾向が認められ入院し、PCR検査の結果、15日に陽性が確認されたのだ。医学博士の米山公啓氏がこう言う。

「ゴルフ自体は屋外で感染リスクは低いが、クラブハウスで昼食、打ち上げと“3密”がついてくる。ゴルフは言い訳に過ぎず、まだまだコロナに対する認識が甘い。プレー中にマスクをしているかといえば、ほとんどの人がしていない。ましてや、有名人という職業柄、プレー中も食事中もマスクをしたままでいることは難しいはず。そういう背景も含め、見られる立場の人間として、意識を高くしないといけなかったのでは」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ