YouTuberラファエル 年収5億円も素晴らしい職業ではない

公開日: 更新日:

 ユーチューバーのラファエル(年齢非公表)が2冊目の著書「秒で決めろ! 秒で動け! ラファエル式秒速タイムマネージメント」(宝島社)を出版した。同書は日々どのようにして「時給日本一」になったのかを明らかにしたビジネス書だ。「有事のためにキャッシュで100億円持つことが目標」という本人にユーチューブを取り巻く環境、今後のビジョンを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――なぜ2冊目の本を出版することに? 

 1冊目の本を出したら名刺代わりになりました。本は全く儲かりませんけど、僕を知ってもらって広告案件が来るとすれば結果的にプラスになります。僕はビジネスチャラ男キャラで一番ウラとオモテがある。動画の中ではネタがほとんどなので、本は動画とは違う素の自分に近い姿で、今回は仕事の仕方を中心に紹介しました。

 ――ここ最近、ユーチューバーのステージも飛躍的に上がった。

 大学生レベルで億のカネを稼いでいるところが“凄い”かつ“癪にさわる”ところですが、別に素晴らしい職業ではないですよ。単に18年ごろからネットの広告費が一番になり、ユーチューブが今最も宣伝効果があって“最も稼げる場所”なだけで、凄い人はいない。トークも若手のお笑い芸人に劣る、逆を言えばユーチューバーは“努力で成功できる職業”ではあります。

 ――仕事を失ったお笑い芸人やタレントたちが大量参入している。

 パイが広がっている状態なので、まだ1年は僕たちユーチューバーが芸人とコラボして相乗効果が得られると思います。市場が活発化すればコンテンツのクオリティーも上がるし、淘汰される。残った人間は真の実力者になる。エンタメのトーク系だと、ヒカル君、メンタリストのDaiGoさん、お笑い芸人の中田敦彦さんたちが残るんじゃないかと思います。僕も先駆者として登録者数を稼いでいるし、お笑い芸人ぐらいのトーク力はあるのでアベレージは高いと踏んでいます。

 ――トーク力は営業マン時代の先輩がお手本とか。

 周りの人たちが「俳優になったらいきなり一軍だね」っていうくらいのオーラの違う、天才タイプの先輩です。法人の飛び込み営業で、ビル1棟で10件中2件取れれば優秀なのに、先輩は5、6件取ってくる。セールストークはビジネス書に出ているものと同じでも、声のトーンや強弱のつけ方が違う。歌のうまい人みたいな感じでしょうか、会社で一番数字を取っている先輩は成功の“最短コース”ですから、とにかく聞いて真似ましたね。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント