小泉環境相“緊急事態” 吉村府知事の露出増で存在感薄れる

公開日: 更新日:

〈私自身、国会など出席が求められる時以外は、可能な限りオンラインでの業務を行なっています(昨日は一日中テレワーク。今日は記者会見と本会議だけ出勤で後はテレワーク)〉〈コロナ対策により国会担当の職員の負担が変わってきた今こそテレワークなどを積極的に取るように指示しています〉

 こう公式ブログで発信したる(4月10日付)は、最近パタッとテレビで見かける機会がなくなった小泉進次郎環境相(39)だ。また、15日付のブログでは〈私自身も職員の協力のもと、積極的にテレワーク、ウェブ会議を実行していますが、やっていると新たな課題が浮き彫りになってきます〉〈このウェブ会議は一例になりますが、この新型コロナウイルスの危機をきっかけに、政府を挙げてデジタル化を一気に加速すべく、環境省はデジタル化や働き方改革を先導していく決意です。そのためには、省庁間の垣根を越え、前例にとらわれない発想が不可欠だと改めて実感しています〉と、コロナ対策に立ち向かう姿は窺えるものの、いまいち存在感をアピールできずにいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る