菊池桃子は“育ての親”と決別…芸能界独立ラッシュの裏事情

公開日: 更新日:

「一部の出馬報道に関しましては、これまでも繰り返し否定して参りましたが、100%ございません」。長く所属していた事務所を辞め、このほど新事務所設立を発表したタレントの菊池桃子(52)はそうSNSでコメント、政界への転身説を打ち消した。

「人生の後半戦を、自身の個性と向き合うため真摯に頑張りたいと自身を鼓舞しております」としているが、スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「この独立劇によって菊池さんは芸能界の育ての親というか、長く後ろ盾になっていた女社長と結果的に袂を分かった。背景には、昨秋に結婚した経産官僚の存在が見え隠れしているようです。夫と女社長との間で板挟みのような感じになっていたという話も取りざたされています」

 前所属事務所とは今月20日に契約期間が満了。「温かく送り出していただきました」と菊池は説明するが、菊池、手越のみならず、このところ芸能界は退社・独立ラッシュが続いている。それも大手芸能プロから、中居正広有森也実米倉涼子柴咲コウ小雪栗山千明ブルゾンちえみら、キャリア、知名度ともトップクラスの売れっ子やベテランが目立つ。

「潮目の変わり目とされるのが、昨秋の公取委。芸能プロを辞めたタレントが独立後、しばらく仕事を干されたりする業界の掟について、独禁法違反にあたるとし、悪質な場合は行政処分に踏み切ると表明したんです。この注意喚起を受けて、以前ほど、タレントが独立することに躊躇しなくなったといわれています」と前出の芸能デスクは続けた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」