出演者ら将棋が指せず…藤井七段の強さを伝えられない番組

公開日: 更新日:

 棋聖となった藤井聡太七段をワイドショーが話題にしようとするとき、悩ましいのは、その強さ、凄さをうまく伝えられないことだという。なにしろ、若い制作スタッフや出演者は将棋を指したことがなかったり、駒の動き方も知らない女性アナウンサーがほとんどだから、「藤井七段のこの一手で局面が逆転しました」なんてしゃべっていても、どう逆転したのかが説明できない。ひたすら「最年少」を強調して、凄いを連発するしかないのだ。

「そこで、プロの上段位者にコメントしてもらうわけですが、藤井七段はプロも予想していなかった奇手を繰り出すので、うまく解説できないんです。詳しく説明しようとすればするほど、将棋をよく知らない視聴者はもちろん、スタジオの出演者もわからなくなってしまうんです」(番組ディレクター)

 そこで、こんなことも起こる。「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が、棋聖戦で藤井が2勝目を挙げた対局を取り上げたときのことだ。田中寅彦九段が勝因となった42手目の、「金」を「歩」の前に出す「5四金」を、「金は守りの要なので、3段目より前に置かないのが普通。その金が前に出て攻めたことで、相手の攻撃部隊を全滅させた」と解説し、番組ナレーターも「常識破り」「前代未聞」を繰り返すのだが、司会の羽鳥は「細かいことはわかりませんが、すごいんですね」ときょとんとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  10. 10

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

もっと見る