竹内結子さんで2カ月4人…芸能界“狭い”がゆえ連鎖しやすく

公開日: 更新日:

「とても恐ろしいのですが、自殺連鎖というより流れ、ブームができているように見える」

 女優、竹内結子さん(享年40)の突然の死去への衝撃が冷めやらぬ芸能界で、そんな声が上がっている。

 5月に女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が自死したのをはじめ、7月に俳優の三浦春馬さん(享年30)、9月に女優の芦名星さん(享年36)、俳優の藤木孝さん(享年80)、そして竹内結子さんと自殺とみられる死が続いている。尋常ではない事態が相次いでいるのは確かだ。

 これを受け、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)は「余りにも続く俳優さんの自殺に社会心理的な連鎖のような怖さを感じます」とブログで訴えた。

 社会心理学者の新潟青陵大大学院教授の碓井真史氏は「何もしなければ自死は感染症のように広がることから、拡大を食い止めなければいけない。危険なのは亡くなった方の身近な人や境遇が似ている人」とスポニチでコメント、自殺が新型コロナのような感染症と同じように広がっていくことを示した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める