モー娘立役者のゴマキ 35歳の人気再燃はホンモノか郷愁か

公開日: 更新日:

 ゴマキこと後藤真希(35)の人気が再燃していると話題だ。デビュー20周年を迎え、2007年のハロプロ卒業以来、遠ざかっていたアイドル活動を再開とばかりに先月30日には「テレ東音楽祭2020秋」でAKB48のメンバーとコラボ。柏木由紀らを従えグループのセンターに立った一夜限りのパフォーマンスは評判を呼んだ。1999年のモー娘。メンバー追加オーディションでつんく♂に「10年に1人の逸材」と言わしめた魅力、実力を改めてファンや業界に印象付けた形だ。

「『会いたかった』も『ヘビーローテーション』もよかったのですが、なにより最高だったのが『フライングゲット』。前田敦子のセンターで大ヒットしましたけど、もともとゴマキがセンターだったんじゃないかと思うほど、ぴたりとはまっていた。モー娘。というと、人気爆発は『LOVEマシーン』でしたが、やはり立役者はゴマキ。かつてのモー娘。ブーム、その後継ともいえるAKBブームも、ゴマキあってのものだったのだと、今さらながら思ってしまいます」(ある放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る