「第2の又吉直樹」探しに躍起 吉本芸人短編小説の業界評は

公開日: 更新日:

 又吉直樹の小説「火花」のヒット以降、出版界は“二匹目のドジョウ”探しに力が入っている。

 芸能プロ側もタレントや芸人の新たな才能が開花する可能性があるため、「とにかく何が当たるかわからない。タレントには小説でも脚本でもどんどん書くようにプッシュしています」(芸能プロマネジャー)という。

 そんな中、話題なのが吉本所属のお笑い芸人、バイク川崎バイク(BKB)の短編小説集「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」(ヨシモトブックス)。BKBのファンだという作家の吉本ばななが帯文を寄せたこともあり注目を集めたが……。

「noteの連載をまとめたものでまさに企画勝ち。小説といっても文芸の領域としてではなく、娯楽を意識している商品でしょう。読んだ人の共感を集めるためのコミュニケーションツールに特化しています。ただ、文学賞の対象になるような作品ではありません」(大手出版文芸担当)

 二匹目はそう簡単に見つからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る