• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

ピース又吉直樹のぶっ飛んだ発想を支える大喜利的な思考法

「正直、最初オファー断ったんですよ。ビビリすぎて家で見させていただきますって」(又吉直樹/フジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」6月9日放送)

 “街ぶら”をしながら、即興で短歌を詠み、それを歌人の俵万智に寸評してもらうという企画に呼ばれたピースの又吉直樹(38)。俵のファンであり、短歌も好きだというが、自身が詠むのは初めてだという彼が、そのオファーを受けた時の状況を語った言葉を今週は取り上げたい。又吉にとって、俵万智の前で短歌を詠むのは、それほど大きなことなのだろう。俵も又吉が参加することに対し「短歌界にとっても“事件”」と言った。

 言うまでもなく、俵万智といえば「『この味がいいね』と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日」という日本一有名といって過言ではない歌を詠み、短歌界を変えた人物だ。この歌のモチーフが実際はサラダではなく、鶏のから揚げであり、7月6日でもないことは知る人ぞ知る話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る