てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

ピース又吉直樹のぶっ飛んだ発想を支える大喜利的な思考法

公開日: 更新日:

「正直、最初オファー断ったんですよ。ビビリすぎて家で見させていただきますって」(又吉直樹フジテレビ関ジャニ∞クロニクル」6月9日放送)

 “街ぶら”をしながら、即興で短歌を詠み、それを歌人の俵万智に寸評してもらうという企画に呼ばれたピースの又吉直樹(38)。俵のファンであり、短歌も好きだというが、自身が詠むのは初めてだという彼が、そのオファーを受けた時の状況を語った言葉を今週は取り上げたい。又吉にとって、俵万智の前で短歌を詠むのは、それほど大きなことなのだろう。俵も又吉が参加することに対し「短歌界にとっても“事件”」と言った。

 言うまでもなく、俵万智といえば「『この味がいいね』と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日」という日本一有名といって過言ではない歌を詠み、短歌界を変えた人物だ。この歌のモチーフが実際はサラダではなく、鶏のから揚げであり、7月6日でもないことは知る人ぞ知る話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る